カテゴリー別アーカイブ: ベジフードとして認められない食品

動物性および毒性の高いと思われる添加物

食品添加物・化学調味料
動物性および毒性の高いと思われる添加物は一切認められません

動物性の添加物の例
・しらこたんぱく
・消泡剤(グリセリン脂肪酸エステル)(豆腐などに含まれる)
・赤系の添加物(コチニール色素)など)
・卵殻カルシウム
・貝殻焼成カルシウム(コンニャクに含まれる)
・アンモニア(凍り豆腐に含まれる)
・乳化剤(大豆由来でないもの)
・カゼイン
毒性の高い添加物や注意が必要な添加物の例
・アミノ酸等
・アミノ酸
・グルタミン酸ナトリウム
・人口甘味料(アスパルテーム、等)
・過硫酸アンモニウム(小麦粉の脱色に使われる)
・かんすい(動物性・植物性の両方がある)
・グリセリン(動物性・植物性の両方がある)
・乳酸(動物性・植物性の両方がある)

参考:「食品添加物毒性事典」

ベジフードとして認められない食品

≪動物性≫の食品・食材

以下の製品や、これらの混入した製品で調理・加工されたものは、ベジフードとして認められません。
・肉類(牛肉、豚肉、鶏肉、七面鳥、羊肉、など)
・魚介類(魚類、貝類、いか、えび、かに、たこなど)
・乳製品(牛乳、バター、チーズ、ヨーグルト、乳糖、カゼイン、脱脂粉乳、ホエイなど)
・卵(卵白、卵殻カルシウムなど)
・動物性だし(にぼし、かつお、コンソメなど)
・はちみつ
・ラードなどの脂
・ゼラチン
・動物性加工品(ソーセージ、ハム、ベーコン、かまぼこ、ちくわ、つくね、など)

≪動物性由来の原料≫の混入の恐れがある食材は基本的に使用を推奨していません。
・精製された砂糖類(白砂糖、三温糖、グラニュー糖、など)
・酒・みりん
・アルコール調味料と、それが含まれたもの(しょうゆ、など)
・市販のほとんどのソースやドレッシングなどやダシ等
※上白糖、三温糖は、動物の骨炭を通して精製されたものがあるため、原則的に使用を推奨できません。