作成者別アーカイブ: vegculture

動物性および毒性の高いと思われる添加物

食品添加物・化学調味料
動物性および毒性の高いと思われる添加物は一切認められません

動物性の添加物の例
・しらこたんぱく
・消泡剤(グリセリン脂肪酸エステル)(豆腐などに含まれる)
・赤系の添加物(コチニール色素)など)
・卵殻カルシウム
・貝殻焼成カルシウム(コンニャクに含まれる)
・アンモニア(凍り豆腐に含まれる)
・乳化剤(大豆由来でないもの)
・カゼイン
毒性の高い添加物や注意が必要な添加物の例
・アミノ酸等
・アミノ酸
・グルタミン酸ナトリウム
・人口甘味料(アスパルテーム、等)
・過硫酸アンモニウム(小麦粉の脱色に使われる)
・かんすい(動物性・植物性の両方がある)
・グリセリン(動物性・植物性の両方がある)
・乳酸(動物性・植物性の両方がある)

参考:「食品添加物毒性事典」

ベジフードとして認められない食品

≪動物性≫の食品・食材

以下の製品や、これらの混入した製品で調理・加工されたものは、ベジフードとして認められません。
・肉類(牛肉、豚肉、鶏肉、七面鳥、羊肉、など)
・魚介類(魚類、貝類、いか、えび、かに、たこなど)
・乳製品(牛乳、バター、チーズ、ヨーグルト、乳糖、カゼイン、脱脂粉乳、ホエイなど)
・卵(卵白、卵殻カルシウムなど)
・動物性だし(にぼし、かつお、コンソメなど)
・はちみつ
・ラードなどの脂
・ゼラチン
・動物性加工品(ソーセージ、ハム、ベーコン、かまぼこ、ちくわ、つくね、など)

≪動物性由来の原料≫の混入の恐れがある食材は基本的に使用を推奨していません。
・精製された砂糖類(白砂糖、三温糖、グラニュー糖、など)
・酒・みりん
・アルコール調味料と、それが含まれたもの(しょうゆ、など)
・市販のほとんどのソースやドレッシングなどやダシ等
※上白糖、三温糖は、動物の骨炭を通して精製されたものがあるため、原則的に使用を推奨できません。

ベジフードとして認められる食品

≪植物性・鉱物性≫の食品・食材

・穀物(米、小麦製品、雑穀、そば など)
・野菜類(果実やしょうがやわさびも含む)
・豆類(豆腐、豆乳、大豆肉、湯葉、油揚げ、黄な粉など)
・木の実(ナッツ、栗、ぎんなんなど)
・芋類(こんにゃくも含む)
・キノコ類
・ハーブやスパイス
・海藻(海苔、わかめ、昆布、もずく、ひじき、きくらげなど)
・調味料では醤油、味噌など
・植物性油(オリーブオイル、ごま油など)
・植物性だし(昆布、しいたけなど)
・海外のビーガン(Vegan)の認証のある商品

食品添加物・化学調味料

※安全度の高い、またベジフードによく使われるものについては、認められます。
例:
・にがり
・重曹
・クエン酸
・ベーキングパウダー(アルミフリー)
わからないものがあれば事務局までお問い合わせください。

ベジフードの判断基準

ベジフード(植物性食品)の判断については、以下の文献を元に判断されています。

・動物性と植物性の基準:

海外のビーガン協会など公的機関で発行している情報や文献

製造者や生産者への連絡などによる直接の確認

“Animal Free” (動物性と植物性の原料が検索できる海外のiPhoneアプリケーション)

その他、公開されている情報

・「食品添加物毒性事典」

・食品ラベルに関する法律(JAS法)やその他法律上の規制内容

※酒類(酒税法)、薬事法に規定する医薬品、医薬部外品、化粧品はJAS法の対象外となるため、ガイドラインの対象外とします。